FC2ブログ

Happy*英語学習LIFE

アラサー女子がお仕事や日常を楽しみながら、お金をかけずに英語学習する毎日。無料学習サイトやオンライン英会話など活用して、TOEICのスコアUPを目指します♪

アリス・イン・ワンダーランド

「アバター」の3Dでかなり目が辛かったので、もう3Dはこりごり・・・と思っていたのですが、「アリス・イン・ワンダーランド」も3D版を観てきました。

「アバター」を観た時は、何が一番飛び出してきたかっていうと字幕だったので、「アリス」は字幕無しの吹き替え版で観ようかと悩んだんですがジョニデの吹き替えっていうのも勿体ない気がしたので、やっぱり字幕+3Dにしました。(たいしてコダワリ無いくせに、こだわってみました。)

「アバター」は3Dを前に押し出している感があり、個人的には映像や内容が好みでは無かったので辛かったのですが、「アリス」は映像がグロ可愛くって、3Dが全然嫌みじゃなかったので、目の疲れも全く気になりませんでした。
特に本編が終わってからのクレジットでの3Dが、人形劇のセットのようで私は好きでした。

字幕の量もそれ程多く無かったから、映像美に集中できたのかも。
もしくは、映像が美しすぎたので、字幕が気にならなかったのかも。
alice
映像だけじゃなく、ストーリーも受け取りようによっては、グロファンタジー(グリム童話みたいな?)な感じがして、私的には好きでした。偽善と偽悪が入り混じったような、混沌としたおとぎの世界。

そこまで期待をしていた訳じゃなかったので、事前に予告偏のチェックはしてなかったのですが、観終わってからオフィシャルサイトの予告編をみてみると、こちらだけでも素敵♪です。もう一回観たくなってしまいました
http://adisney.go.com/disneypictures/aliceinwonderland/

印象に残った台詞は、赤の女王の「愛されるより、恐れられた方がいい」

マキアヴェリの『君主論』にも、
It is betier for a Prince to be feared than loved.
君主は,愛されるより恐れられるほうが得策である。

とありますが、同時に、「君主は仮に好意を得ることがないとしても、憎悪を避けるような形で恐れられなければならない」と言ってます。

赤の女王は憎悪を避けようとしなかったから、あんな結果に。。。
私も愛されないまでも、恐れられないまでも、恨みを買わないようにくれぐれも用心します。

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです↓↓
人気ブログランキングへBS blog Rankingブログランキング有名ブログランキングにほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村英会話・語学のブログランキングへ

スポンサーサイト



テーマ:アリス・イン・ワンダーランド - ジャンル:映画

 | ホーム |  »

検索フォーム

オンライン英語学習

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

現在のランキングは?

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード